人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

債務整理は、借金の返済が出来ない、または現在の金額を継続して返済して行くには難しいといった場合に債務者の救済を目的とした処置です。

それを行うことで、逆にきちんとした返済が可能になるといたことも考えられますので、諦めずに検討してみてください。

どの方法にも、メリットとデメリットが存在します。
自分に取って一番いい方法はどの債務整理なのかを見極めることも必要なのです。

不安に思われるかたは、弁護士や司法書士に相談しましょう。

また、債務整理の手続きについても、依頼することが可能です。
自分で行う事も可能ですし、心配なようなら、依頼するという方法もあります、全てが自分で行わなくては行けないという事もありません。

怪我と言っても交通事故で負う怪我というのは、その時の状況によって全く違ってきます。しかし、慰謝料の話になった時に、いくら支払うのかという事を決定しないといけません。

そこで、後遺症については等級が決められており、細かく症状が決められています。交通事故で負った怪我がその等級に該当するのか、という事を決定して、その等級ごとに異なる慰謝料を支払う事になります。

仕事ができない、もしくは自分一人だけで生活する事ができず、介護などが必要になった場合には非常に高額の費用を支払う事になります。軽度な場合から、この様に重症な場合まで幅広くあります。仕組みについて理解したいですね。

借金に困っている人を守る債務整理!不安な日々からの脱却。不安な日々からの脱却

借金のある生活からの脱却!債務整理と過払いを整理して明るい未来へ。

債務整理について

自分に合った債務整理債務整理を依頼しよう
債務整理手続きが完了する期間債務整理を弁護士に依頼する場合の委任契約書

過払い請求について

過払い請求とローン会社過払い請求を地方で
弁護士事務所で異なる過払い請求手数料知られる様になった過払い
過払いの法律的解決を相談するなら司法書士がお勧め過払いの情報と司法書士や弁護士

交通事故について

交通事故の直後交通事故慰謝料の請求
交通事故慰謝料をスムーズに進めるために交通事故弁護士で示談の慰謝料が増額できる
交通事故弁護士の慰謝料の相場に近づける方法交通事故弁護士に依頼する利点
交通事故相談の慰謝料としての休業損害とは交通事故相談での慰謝料についての税金は

相続について

通帳の相続手続きは早めに準備を相続手続きには戸籍謄本が必要
金融機関の相続手続きについて相続手続きは弁護士、司法書士への相談がおすすめ

遺言書作成について

相続に関する遺言書作成は公証役場へ遺言書作成と相続に関することを委任して対応する
相続の遺言書作成について公正証書遺言出の遺言書作成について

離婚について

鬱になる前にモラハラ離婚モラハラ離婚の原因は女王様気質な女性にあります

借金の金額がいくらであれば任意整理が最適か

任意整理の方法で債務整理を行おうと考えている場合、疑問となる点の一つに「借金の金額がいくらであれば任意整理が最適なのか」という点が挙げられますが、具体的な金額でそれを指し示すことは困難です。

なぜなら、債務者は財産の保有状況や、借金を抱えるようになった経緯が異なるため、個々のケースを見た上で最適な債務整理の方法を選択する必要があるからです。 ただし、任意整理が選択される債務者は、借金の状況がそれほど深刻なものにはなっておらず、引き直し計算やそれに基づく弁済方法の変更をするだけで債務の弁済が可能な状態であることが多いです。

債務整理は借金問題を解決する手段

債務整理は、自己破産や民事再生等の法的なものと、そうではない任意整理があります。前者は、法律の規定に基づいて、裁判所を介して行われる債務整理です。

後者は、当事者間の間で交渉によって債務の支払額の減額や、利息の免除などが行われるものです。いずれにしろ、これらは債務者の借金問題を解決する手段です。自己破産ならば、免責を得ると借金が免除されますし、民事再生も債務の減額や利息の引き直しなどが行われます。任意整理も前述のとおりで、借金の返済を楽にするために行われます。借金問題はそのまま放置するより、これらの手段を行った方が確実に解決することができます。

債務整理-任意整理について

債務整理の方法の一つとして任意整理があります。任意整理をするには取り引き開始に遡り、利息制限法の上限金利に金利を引き下げて計算し直し、原則、利息をカットし元本のみを数年程度の分割払いで和解すると言う方法で減額して返済を続ける方法です。

多重債務の方であれば毎月の支払いがかなり減額されるかも知れません。また、月々の返済額も毎月の生活に困らない程度に減額する事も可能になります。この方法を考えている方には、弁護士か司法書士の方が代理として行って下さいます。法テラスは無料で相談に乗って貰えるところもあります。まずは話を聞いてみるのも良いでしょう。

債務整理における過払い金請求について

債務整理の方法の一つの過払い金請求は、ローンやキャッシングなどで貸金業者に払いすぎた金利を返還請求して借金を減額したり、それで完済を可能にしたりすることを言います。

この過払い金請求が適用になるのは、2008年以前の借金であることや完済後10年以内であることなど条件があります。多重債務の方であれば、条件に当てはまる可能性も高く、大きな減額や完済も見込みもあるかもしれません。返済する必要のある金額が大きければ、生活の状況を鑑みて、別の債務整理方法を選択する必要があるので、弁護士や司法書士にうまく相談してみるのも良いでしょう。

銀行ローンカードの負債を債務整理しよう

銀行発行などによるローンカードの利用を繰り返すうちに、結果的に額の借り入れをしてしまっていたという事案が昨今増えています。発行が容易であることと、銀行というブランド感からの安心感に気が緩んでしまい、お金を引き出す間隔でついつい使いすぎてしまうということが原因と言われています。

そのため、あちらこちらから借り入れて返済に回すといった行動をしていると、複数社から多額の債務を背負ってしまったという状態になってしまいます。そんなときに任意整理などの債務整理方法で負債を整理することができます。専門の司法書士が債務者と交渉をして返済が可能になる条件での合意を成立させてくれます。

債務整理は何かについて

債務整理というとややこしい手続きをしなければいけないと考えている方も多いと思いますが、弁護士などの専門家に手伝ってもらうことで簡単に行うことができます。様々な手続きがある中で一番利用者が多いと言われているのが任意整理です。

この手続きでは債権者と直接返済額などについて交渉することで、月ごとの返済額を減らしてもらえたり、借金の元本を減額してもらえるなどのメリットがあります。しかし、債務者が交渉をしようとすると強気で対応されてしまうので、弁護士など知識がある方に依頼して交渉をしてもらうことで安全に借金額を減らすことができます。

過払いに対応できる司法書士事務所

普段からいろんな仕事を行っている司法書士事務所もありますが、彼らの仕事は非常に奥が深く範囲が広いので、すべての仕事範囲に手を広げている人もいれば、そうではない人もいる様で、中には過払いなどの借金問題をメインに取り扱っている事務所もある様です。

逆に司法書士事務所として活動を行っている会社でも過払いは対応してくれない事もあります。ですので、司法書士事務所の中でも過払いの相談件数が多く、専門だという事務所を選ぶ必要があります。

司法書士事務所が過払いを専門としているかどうかは、webサイトで確認すると手っ取り早いですし、また、連絡して聞いてみると分かるでしょう。過払いに対応できる司法書士事務所がすぐに見つかるといいでしょう。

過払い請求時の要注意点

借金の返済が困難になり、さらに借金をして返済にあてるというような、多重債務に陥ってしまう方がいます。そんな中、過払い請求についての広告や宣伝を見かける頻度が増えましたが、それを行えば必ず返金されるものでもありません。

請求できる期限の時効を迎えた、金融業者が倒産した、法定範囲内の利息での借金であった、などが一例です。時効についてはお金をすべて返してから10年経っている場合、倒産であれば請求相手が存在しないため不可能になります。また、過払い請求は、法定外の金利で借りていた場合に適用されるものになります。多重債務に陥る前に、これらのことを知っておくことも大切です。

交通事故弁護士に依頼する方法

交通事故にあった場合、まずは保険会社に電話することになります。保険会社同士で賠償額などを話し合ってもらい賠償を決めることになりますが、その賠償額に納得がいかない場合には、交通事故弁護士を雇うことになります。

ただし、その場合2つの方法をとることができます。一つ目の方法は、保険会社の契約にある弁護士を紹介してもらうこと、そしてもう一つは自らが弁護士を探し出して委任することです。この場合におすすめなのは保険会社からの紹介による弁護士を雇うことです。何故なら、保険会社を通じて多くの依頼をこなしているため、さまざまな問題に対応できる知識や経験がある交通弁護士である可能性が高いからです。

自分で探す交通事故に強い弁護士

誰か知人で交通事故に強い弁護士がいればいいですが、なかなかその様な人も多くないみたいですね。

知り合いがいなくても、交通事故に強い弁護士を探し、無事に依頼をするというのも不可能な事ではありません。

弁護士会や法テラスで交通事故の相談をするのもいいですし、いきなり弁護士事務所をネットなどで見つけて交通事故の相談をするのもいいでしょう。

また、弁護士の知人がいても交通事故はあまり扱っていないというのであれば、別の事務所を探してみるというのもいいかもしれませんね。自分の将来を左右する様な大きな問題ですので、その時に解決しておく事が求められます。後からでは難しい事もあります。

どうすべきかわからない交通事故は弁護士に相談を

相手や相手が加入する保険会社に交通事故の事でいろんな事を言われてしまったが、慰謝料など彼らの言う通りにしていいのかわからないという際は、弁護士に話をしてみるといいでしょう。

交通事故では確実に相手のいい分に納得できないという事もあれば、どうすべきかわからないという事も多い様です。弁護士に交通事故の事を詳しく話す事で、交通事故慰謝料についてなど判断の参考にできそうな意見を聞く事ができるかもしれません。

分からないままだと、交通事故から時間が経ってもあれでよかったのかと疑問が残る事もあるでしょう。弁護士の意見を聞く事ですっきりする事もあるでしょう。

無料相談を行っている弁護士なら、ためらわず慰謝料などの交通事故の相談ができそうです。弁護士の意見も上手に取り入れながら、前進したいですね。

慰謝料を含めた交通事故相談とその事例

交通事故が起きた時、起こしたときにはその過失割合やケガの程度など心配なことだらけが発生します。気が動転して、冷静な判断が利かなくなることさえあるものです。そんな交通事故相談を解決するために慰謝料などの支払いも行われたりします。専門家が実際に対応した交通事故相談を事例別・慰謝料支払い別にご紹介していきますので、もしもの際には、この記事を参考に、早急に専門家にその事例の詳細を相談してみてはいかがでしょう。あなたや身近な人の役に立つお金の問題もここで解決できるかもしれません。交通事故は起きても起こしてもつらいものです。

大切な人が交通事故に遭ったら交通事故相談編

あなた自身やあなたの大切な人が交通事故に遭ってしまった場合、加害者と保険会社とで、主に慰謝料について示談交渉を行わなければなりません。その場合、様々な法律問題が絡んできます。

交通事故相談を受けるとき、保険会社、加害者から不誠実な対応をされ、傷つく被害者のお話を聞くことも少なくありません。保険会社や加害者が責任を回避するため、被害者当人に事故の責任があるかのよう主張してきた事例もあります。そのような中でも被害者として加害者とその保険会社と交渉を進めるため、これからいくつかの事例を挙げ、それを参考に法律問題に対応する方法を紹介していきます。

興味のある相続手続きのセミナーへ

弁護士などが主催しているセミナーには、相続手続きに関わる話もあります。近年は相続という言葉が多く聞かれるようになり、多くの人が実際に相続の場面に遭遇するようになりました。

色々な話し合いを行っていくことに加えて、相続しなければならない遺産を確認し、誰かが引き継ぎの手続きを行うことになります。相続手続きを実施しなければならない場面より先に、相続に関連する手続きについての話を聞いておくと、思い出して手続きを簡単に行うことができるでしょう。セミナーは身近な会場で行われていることが多く、相続について何でも話が聞けます。

弁護士へ相談できる相続手続き

遺産の相続手続きが発生した場合において、残された家族の間でスムーズに解決させるには困難な事柄も多いものです。どうしてもトラブルへと発展しがちな問題について、速やかな対処を目指すためには、弁護士への相談も有効的に活用されています。

相談業務が無料で取り扱われている機関も多く、法律に沿った解決策を求めたい時などにおいて、頼りになる存在でもあります。内容や状況によっては、公証役場や裁判所が介入しなければならないケースもあり、正しい知識や情報を取り入れながら、的確な対処方法を進めることが問題解決のためにも重要となるでしょう。

相続手続きは多少の費用がかかっても

相続手続きにかかる費用には2種類があります。役所などに必ず支払わなければならないものと、専門家にその相続手続きを依頼した時のものがあります。

自分ですることも可能ですが相続手続きはすることが本当にたくさんあり、集める書類も多くあります。相続をする人が多くなればなるほど、時には普段の付き合いもないような人とも探して連絡を取る必要も出てきます。

費用は多少かかることになりますが、それを専門家に依頼することは相続に対しての、後にトラブルにならないためにも精神的なストレスを回避するにも良いことだと思われます。

自分で遺言書作成する心理的メリット

自分で遺言書作成をするというのは簡単なことではありません。いざ作成しようとすると財産の分配で子供たちが揉めるのではないかと考えたり、税金がどの位かかるのか。税金が払えるのか。

財産の目減りを考えてどのように相続させるのが一番良いのか、といった様々な問題が頭をよぎって手が止まることもあると思います。しかし、このような事柄を整理することで自分自身の大事なものを見つめ直し、これから解決すべき問題点をあぶり出すことが出来ます。まだ遺言書作成の必要性がない方も少し時間を使って遺言について考えてみると新たな発見があるかもしれませんね。

結局遺言書作成は誰に依頼するのが一番いいの?

遺言書作成は自分でも行うことができますし、弁護士や司法書士、行政書士などでも作成してもらうことができます。知りたいのは誰に依頼するのが一番いいのかをいうことですよね。依頼するのは誰でもいいのです。

大切なのは自分が信用できる人かどうかです。遺言書作成の依頼をするという事は、自然とその人が亡くなって遺言書が必要になってくるまでは保管も行ってもらうということです。

もしその間に遺言書を買い替えられてしまうようなことがあったら大変です。そういった不安を持ちながら依頼するのはとても心苦しいと思いますので、実際に話をしてみて「この人であれば信頼できる」という人に依頼するのが一番です。

遺言書作成を依頼するなら誰がいいの?

遺言書作成が自分で行うのに不安がある人は、誰かに依頼して、記載してもらうのが一番安全ですが、一体だれに依頼するのが安心でしょうか?

相談する相手として考えられるのは①弁護士②司法書士③税理士④行政書士でしょうか?③の税理士に関しては遺言書作成の案件を受け付けているところは非常に少ないです。

またできることも限られてきてしまいますので、相続税が出るなどのことがない限りは頼むメリットをあまり感じられません。一番安いのが行政書士、高いのが弁護士です。安く済ませたいのであれば行政書士、遺留分などの面でトラブルが予想できる場合には弁護士に依頼しておくのが安心です。

メニュー

TOP 債務整理 過払い請求 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 遺言書作成 相続手続き

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚