人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

TOP > 過払い > 過払い請求 > 弁護士、司法書士に依頼する債務整理、過払い

弁護士、司法書士に依頼する債務整理、過払い

自身で過払い金の請求ができれば、司法書士や弁護士などの専門家に支払う費用もかかりませんので、一番有効な手段であることが挙げられます。しかしながら、過払い金請求や任意整理などの債務整理は、専門的な知識が必要となりますし、それなりの時間もかかります。

また、失敗してしまうと、ブラックリスト入りしてしまう可能性もあります。このようなデメリットもありますので、不安であれば無理をせずに専門家にお願いすることです。140万以下の金額であれば、司法書士に借金相談も可能ですので、一度相談に行ってみることをお勧めします。

大阪で過払い金返還請求をするなら「過払い 大阪」でググる。

過払い請求後の問題点を知る

過払い請求を行って、過払い金を回収できたのは良いものの、その後は借入などが難しくなってきます。本来ならば、過払い金の回収している会社からもう1度借りるなどの方法を取りたいのですが、会社の利益を損なうような方法を使われていますので、過払い金を請求した会社と契約はできなくなります。

更に、多重債務が残っていた場合、借入自体が相当困難になると思ってください。過払い請求を行っている情報は、信用情報機関に掲載されることになります。

行っている情報がわかってしまうと、他の会社も避けたくなってしまい、対象が減ってしまいます。

過払い請求関連

時間がなくても過払いを弁護士相談で解決

できれば、自分の過払いを解決したいという人でも、時間がなくてなかなか問題に着手する事ができないという人もいる様です。しかし、弁護士相談する事ができれば、時間がなくても問題を解決できる事もあります。

過払いについて、弁護士相談する事ができれば、後は特に自分でしないといけない事というのはありません。過払いの進捗について、弁護士からの連絡を待つのみとなるでしょう。

また、過払いについて相談を受け付けている弁護士の中には、土日に相談を行っている人もいます。空いた時間を見つけて、弁護士の相談を受ける事で、忙しくても過払いの問題に対処する事ができます。空き時間を見つけて工夫しましょう。

過払いになっていませんか

消費者金融でカードローンやキャッシングをしてお金を借りて返済した時に、利息を合わせて返済しています。その時の利息が利息制限法の上限を超えて返済している場合があります。

この払いすぎたお金の返還請求をして、借金を返済したり減額することができます。2010年6月17日以前に借り入れを開始した人は利息を多く払いすぎている可能性が高くなっています。

今借金がある人も借金の返済が終わっている人もこの払いすぎたお金の返還請求をする事が出来ます。しかし、過払い金返還の請求ができるのは、取引終了から10年間というのが原則です。

過払い請求は早めの相談をお勧めします。

時効に気を付けながら過払いの弁護士相談

これから過払いの弁護士相談を控えているという人は、時効まであまり余裕がない人も多いと思います。法律の改正により、現在では過払いが発生する可能性は非常に低くなりました。

そのため、弁護士相談は時効に注意しながら行う様にしましょう。時効を過ぎてしまうと、過払いを扱う弁護士の実力に関係なく、取り戻せる可能性は大幅に低くなります。

過払いの弁護士相談を控えているという人は、時効のために、時間を置く事なくできるだけ速やかに行動する様に心掛けるといいでしょう。

過払いの弁護士相談を諦めている人もいる様ですが、時効が過ぎていない場合にはチャンスはありますので、トライする事も可能です。

メニュー

TOP 債務整理 過払い請求 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 遺言書作成 相続手続き

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚