人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

金融機関の相続手続きについて

相続が発生すると、被相続人の財産(相続財産)の名義を相続人の名義に変更する手続きを行う必要があります。預貯金口座に関しては、名義人の死亡以降は口座から金銭を引き出しを行うことが不可能となりますので早急な相続手続きが必要となります。この手続きは各金融機関で行うことになりますが、申請書等はそれぞれの金融機関で用意されています。

添付書類として被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本と、相続人全員の戸籍謄本を用意しなければなりません。また、殆どの銀行は、たとえ遺言書が存在していたとしても、全ての相続人の実印と印鑑証明が無ければ手続きを受け付けません。この点については注意が必要となります。

遺留分を取り戻すための手続き

遺留分と遺言書、法定相続人と相続手続きなど、その状況になって初めて直面する問題のひとつです。遺言書は、故人の意志を残した物、言わば最後の言葉ですが、もしそれが法定相続人である配偶者や子どもの手元に残らない内容になっていたとしたら、残された家族はどうなるでしょうか。

そんな場合は、遺言書の中にその明記がない場合でも守られる最低限の財産を相続することができる権利があります。それは遺留分と呼ばれ、他者に相続する遺言内容であっても、そのうちの一定の財産を戻してほしいことを主張する減殺請求を行うことで取り戻すことができます。その手続きは複雑化することがあるため、弁護士などが介入することもあります。

専門家を交えた相続手続き

遺産の相続手続きにあたっては、さまざまなことをおこなっていくことがあげられます。相続の放棄や名義変更、相続税の申告など内容は多岐にわたり、一般の人にはわかりづらい法的な内容ばかりになっています。

そうしたなかで法律の専門家に依頼することで、間違いや手順などもスムーズに勧めていくことができますので、ストレスなくおこなっていくことができるでしょう。コスした遺産相続を得意にしている法律事務所は数多くありますので、そうした法律事務所に依頼をおこなうことで、効率的に遺産相続をおこなっていくことができるでしょう。

相続手続きの重要性について

普段ではあまり想像しませんが、相続手続きについては誰しもが関わることでしょう。そうしたなかでいかにトラブルなく、勧めていくことがポイントになってくるかと思います。

預金などのお金だけの場合においては、相続人同士でわかりやすく分けやすいので、トラブルなどの心配は少ないと思います。しかしながら、なかには不動産や後継者などの事業内容などもありますので、そうなった場合にはトラブルが起こってしまうようなことも珍しくはないと思います。トラブルを避けるために、法律家や専門家のサポートを受けてスムーズに勧めたいですね。

相続手続きなら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

相続手続き関連

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚