人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

相続手続きは弁護士、司法書士への相談がおすすめ

相続に悩みはつきものです。複雑な手続きの方法や問題の解決策を考えているならやはり専門家に相続相談することをおすすめします。諸手続きには期限があっても迷っていると時間はどんどん過ぎていきます。

迅速に問題を解決するためにも早めに相談することでさまざまな準備を粛々と進めることが可能です。相続に関する気がかりな問題があるなら、プロに任せてはいかがでしょうか。お困りのことについてどのような流れで法にのっとった解決が可能なのかを教えてくれます。遺言書作成や相続手続きは家族の問題だからこそ弁護士や司法書士への依頼がおすすめなのです。

遺留分、皆のための遺産相続手続き

遺産相続手続きの中でもあまり重要視されないことに遺留分があります。配偶者や家を継ぐ子供、直系卑属などの一定条件をクリアしていれば保障されます。遺言書にどう記載されていようとも保障されますので、独り暮らしになって生活に困窮することがなくなります。

遺言書を作成する場合でも、これを考慮して記載する必要があります。生前より相続について話題にし、皆の想いを理解しあっておくこともいいでしょう。実際の手続きの段になって、トラブルやいさかいになることを防ぎ、円満に手続きを進めることができるでしょう。相続は未来につないでいくものですから、皆が自分事として考えていきたいものです。

遺留分減殺請求には期限がある無視

遺産が多く相続人が複数いる場合、相続手続きをする際にトラブルで起きがちな問題として、遺産相続の分配に了解できないといった事例が多くあるようです。もし遺言書に書かれていたとしても、最低限分配されるはずの財産が少ないケースである場合、他の相続人である兄弟に対し請求することが可能です。

これは遺留分減殺請求という手続きによって行われ、もし当人が先に亡くなった場合はその子供が代わりに請求することが可能になります。これは代襲相続人として請求する形です。この請求は、遺言書の存在をしってから1年以内におこなう必要があります。

相続人同士でおこなう相続手続き

故人がなくなった後に必ずおこなうこととしては、相続手続きがあります。おこなわれる期間や内容などにおいては、その故人が所有している遺産によって大きく異なりますので、人によって相続のケースは変わることでしょう。相続人に当たる多くの人が、スムーズにかつ円滑に相続を終えたいと考えているかと思います。

それであれば、遺産の内容が不動産のような場合には、弁護士を介入させた方がいいでしょう。遺産の規模に関わらず揉める内容としてあげられますので、できる限りそうした事態を避けるようにしましょう。円満に勧められると良いですね。

相続手続きなら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

相続手続き関連

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚