人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

相続手続きには戸籍謄本が必要

相続が発生すると、被相続人が遺した財産(相続財産)を相続人名義に変更する手続きを行う必要があります。不動産の場合には法務局において相続登記の手続き。預貯金口座の場合には、金融機関で相続手続きを行います。

その際、どの手続きにおいても必ず必要となる書類があります。それが戸籍謄本です。これは被相続人と相続人の繋がりが証明し、相続人を確定するための書類となりますから、被相続人の出生から死亡までの謄本(原戸籍、除籍謄本)を全て取得する必要があります。

また相続人の場合には現在の戸籍謄本が必要となります。これらは本籍地のある市区町村役場で取得することが可能です。

決められた遺言書作成を生前に行おう

少なからず資産を持っている方に、生前までに済ませておきたい事の一つに、遺言書作成が挙げられます。誰に、どのような内容の資産をどれだけ引き継ぐのか、自分の意志を細かく指定する事が出来るとされ、正しく作成された漏れの無い遺言書は、遺産相続手続きを行う際に有効な書物として取り扱われます。

遺言書は法律に基づいて作成をする必要もあり、弁護士などに相談をすることで、正確に進めておきたい作業として認識されています。遺言書には、決められた作成方法が存在しているので、残された家族などの相続者間で、トラブルとならないよう、作成することが大切です。

相続手続き、故人の意向も叶えたい

相続手続きでは、特に子供が遠方に住んでいる場合に、預金だけは相続して不動産の登記は後回しということが往々にしてあります。相続で何か思いがあれば、遺言書作成をするとその思いが叶えられやすいでしょう。

遺言書は、全文自筆で署名と捺印、日付が必要です。パソコンを使えば簡単に作成することができますが、本人の意思が証明されにくいので認められていません。利き手が不自由になって近親者が手を添えた場合に自筆といえるかどうか、最高裁判所で争われた事件もあるほど厳格な要件です。結果は、本当に手を添えただけの場合に限り有効とされました。

相続手続きに関連するサイトも

最近は高齢の方が増えてきて、どのタイミングで相続を行っていく考えやすくしています。高齢の方がネットを利用するのはあまり多くありませんが、それ以外の方で相続手続きを考えている人もいますので、わかっている人がサイトを見て、情報を得ることによって対処する方法もあります。

弁護士を経由している場合には、費用が発生する可能性もあります。無料でもわかるようにしていることが大きなポイントとなっているので、最近はネットを利用している人も増えているのです。当然サイトの状況が良いと思えるようなら、いい情報も仕入れられます。

相続手続きなら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

相続手続き関連

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚