人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

TOP > 債務整理 > 困難になるまでに債務整理

困難になるまでに債務整理

支払いが遅れると遅れを取り戻すのは大変です。だんだん借金によって自分が追い詰められた状態になってしまう事もあるかと思います。債務整理は返済が遅延するまでに考える様にしたいですね。

返済が遅延すると、催促が厳しくなり、だんだん余裕がなくなってしまう事もあります。債務整理では、借金を縮小して返済を少しずつ続けるなどという事もできます。

中には債務整理という事に抵抗がある人もいるかもしれませんが、もっと厳しい環境になってしまうのを回避するためにも、債務整理を早めに考える様にしたいですね。

どうしていいかわからない時には、債務整理について一度、弁護士事務所など専門の機関に相談するといいでしょう。

関連

計画的に債務整理で処理する

借金は、計画的に処理していくこととなり、減額できる金額が多くなっていればいるほど、その計画は作りやすくなるでしょう。求めている金額に合致しているような状況になれば、返済計画は安定するようになり、希望している状況に持っていきやすいです。

債務整理の場合は、任意整理にように減額を小さくして簡単に終わらせるものもあれば、個人再生で大きく減額できる方法もあります。様々な方法をしっかり活用して、減額できる状況を作り出すようにしてください。減額がしっかりできるようになっていることで、場合によっては返済が大幅に変わっていくようになります。

任意整理による債務整理なら将来の利息を無効にできる

多くの法律事務所では、過払い金の無料診断を実施しています。借金返済にお悩みの方はぜひ診断を受けるべきですが、もし過払い金が存在しなくても、債務整理によって返済を楽にすることが可能です。

沢山の方に選択されている債務整理が、任意整理という方法です。これは債権者と法律事務所との直接交渉により、返済計画の見直しを行う手続きとなっています。交渉の際に、現在の債務者の収入では返済が困難という合意を得られれば、将来分の利息を支払わなくても良くなる可能性があります。そのうえで、月々の返済を収入に見合った額に変更し、生活に支障をきたさない着実な返済を実現できるのです。

任意整理による債務整理で大切なのは返済計画の見直し

返済困難な借金問題を解決する債務整理のうち、最も多くの方に選択されている手続きが任意整理です。この手続きは、弁護士を代理人とし、債権者と交渉して借金の見直しを行う方法です。

過払い請求による大幅減額ばかりが注目されがちな方法なのですが、近年の債務には過払い金が含まれていない場合も多くあります。過払い請求を行わない任意整理において、最も効果的なシステムは「返済計画の見直し」です。過払い請求の陰に隠れがちなシステムですが、債務者の現在の収入に合わせて、無理のない返済計画を立て直す事は、確実な借金返済に繋がる堅実な手段なのです。

借金について

借金といっても、銀行から借りている場合、闇金業者に借りている場合、親族などの身内に借りている場合など、様々な借金があります。

借金の仕方に応じて、適切な解決方法をとるためには、借金相談のプロである弁護士や司法書士に相談することをオススメ致します。

借金相談なら弁護士・司法書士に任せてみましょう。

借金で困ってしまったときに一番悪い方法は、お金が無いからと言って自分でどうにかしようと借金返済のために駆けずり回ることです。その結果、更に借金が増えてしまったり自己破産になってしまうことさえあります。まずは相談から始めましょう!

債務整理を行う場合の注意点

債務超過となり債務整理を行わなければならない場合に、以下のことには必ず注意が必要です。債務整理を行う場合でも、特定調停と任意整理については弁護士を立てる必要はありません。

しかし、破産や再生については弁護士を立てる必要があり、弁護士費用を用意しておかなければなりません。

つまりお金が無くて再生や破産をするにも関わらず、弁護士費用は捻出せねばならず、かつ他の債権者を害しないで用意したお金でなければなりません。

他方、特定調停や任意整理は弁護士を立てる必要はない分書類の作成や相手方との交渉など債務者が全て自ら行わなければならない煩雑さはあります。

債務整理なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

メニュー

TOP 債務整理 過払い請求 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 遺言書作成 相続手続き

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚