人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

遺言書作成と相続に関することを委任して対応する

遺言書作成及び相続に関しては、弁護士などに任せて対応をすることが望ましいとされています。なぜならば、弁護士などの専門家でないと、正しく遺言書を作成出来ないからです。もし正しく作成がなされていない場合には、その遺言書は無効となってしまいます。

遺言書作成に関して、また相続に関して一連の対応を弁護士に任せる場合には、委任状が必要です。このことにより、正当な代理人としての行使が出来るためです。弁護士など委任を受けた側は、遺言書などの存在やその内容について、適正に扱われるように努力をしなければならなくなってきます。

遺言書作成を弁護士に依頼したら費用はいくら?

遺言書作成は自分でも作成することができるのですが、自分で作成をした場合に一つでもルールを守っていなかったような場合にはその遺言書は無効となってしまうリスクがあります。折角作成したのに無効になってしまってはもったいないですよね。また残された人たちもどのようにして分割すればいいのか迷ってしまいます。そこで頼りになるのが作成のプロです。一番任せやすいのが弁護士です。しかし弁護士というとどうしても依頼費用が高いというのがネックですよね。では具体的にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?遺言書作成で15万円が相場と言われています。

遺言書作成が必須の人って

遺言書作成は基本的にしておいた方がいいのですが、こういった人は絶対に必要!という人を今回はご紹介させていただきます。まずお子さんがいない方です。通常ですとお子さんに相続する場合が多いので、こういったケースですと親族の誰が相続するのかでもめるケースが多いです。不要なトラブルを避けるためにも残しておきましょう。次に残せる財産が不動産などの簡単には分けることができないものである人です。この場合はお子さんが多ければ多いほどどのように分与するのかが問題になってきます。まず家をどうしてほしいのか、その後の分配はどのようにしたらいいのかを残しておいた方がスムーズと言えます。

遺言書作成をする意味

遺言書というのは自分が死んでしまった時のために残しておくものなので、どれくらい前に作成すればいいのかなどといった決まりは特にありません。だからこそ迷ってしまいますよね。なんだか自分が死に向かっているような気もして気が進まないという人もいるでしょう。しかしもし自分が健康で、しっかりまだ頭も働いているのであればその内に遺言書作成を完了しておくことをお勧めします。もし自分が何も残さなかった場合には、相続権利のある人たちでなにをどのように分配するのかをいうことを話合わなければなりません。その話合いが必ずしもうまくいくと限らないのです。不要な争いを防ぐという意味でも大切なのです。

遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺言書作成関連

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚