人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

相続に関する遺言書作成は公証役場へ

相続のことを考えた場合に遺言書作成をして、ある一定の人に財産をあげようと思う人は少なからずいるものです。 遺言書を作らずにいると法律で定められた相続人に財産を残すことになるため、あまりそれが良いと思わない人がいるのです。

そのような場合に考えられるのが遺言書作成という方法ですが、遺言書というのは一定の要件を満たしていなければ効力が発生しないことがあります。 そのようなことにならないためには公証役場に行って、遺言書作成を依頼すると良いです。

ここでは国が認められた人の付き添いで作成をすることができるため、一定の要件をしっかりと満たすことができ、ちゃんと財産を残してあげることができるからです。 失敗しないためにも公証役場を利用するとよいでしょう。

遺言書作成は近くで相談可能

ある程度近くで相談しやすいように考えている部分もあり、大半のケースでは遺言書作成を相談できる環境を持たせてくれます。安心して相談できるような状況となっているなら、遺言書作成を行いやすくなり、面倒を見てくれる人が絶対に出てきます。話をしていることで、困っている部分が全て解決されるようになりますから、気になる内容も把握した上で対応できます。意外と多くの問題を抱えている人が多い中で、文面を整理してもらったり、最終的に良い効力を持っている遺言書とするためには、多くの人に相談してみるのが一番いい方法です。

遺言書作成は必ず行いましょう

遺言書は、残された遺族に対し残す事が出来る最後のメッセージとなります。自分に遺産がある場合には、どのように分配するのかなども決めておかなくてはいけません。遺言書作成をしない為に、残された家族がケンカをしてしまうこともあります。どんなに遺産が少なくてもしっかりと、遺言書を残すようにしてください。遺言書にはルールが法律によって定められているので、遺言書作成をしたら、ルールの範囲以内で書かれているのかを弁護士に確認してもらうようにすると間違いなく有効な遺言書を残す事ができ、残された家族も円満に遺産分割が出来ます。

完全に秘密の遺言書作成

手間や費用がかかるため、実際に作成する人は僅かではありますが、秘密遺言書ならば自分が死亡するまで誰にも内容を知られずにすみます。まずは遺言書作成をします。パソコンや代筆でも可能ですが、自筆の署名や押印は必須となります。記入後は封筒へ入れ、遺言書に押印したものと同じ印鑑で封をします。次に、公証人と2名以上の証人立ち合いのもと公証役場にて提示をし、公証人から提示日付や遺言書作成者の申述を記入してもらい、公証人と証人2名の署名と捺印をもらえば完了です。保管も全て自分で行うため、あまり他の人に見つかる可能性がありません。もし自分で管理をするのが不安なときは、弁護士に保管を依頼することも可能です。

遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺言書作成関連

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚