人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

遺言書作成と相続との関係

遺言書作成では一定の形式をとらなければいけません。したがって、その形式に沿ったものかどうか、専門家に見てもらうなどの工夫が求められます。また、その記載内容については、見本なども存在します。したがって、それを参考にして記載を行うことは十分に可能なわけです。

相続については、法定相続として法律で決められているものも存在します。したがって、そのことと遺言書の内容が矛盾することがあると、困る話です。こうした問題が生じる可能性がある場合には、事前に士業の専門家に相談をして、その上で遺言書作成を行えばよいでしょう。

遺言書作成だけでも話をしておく

これまで何も利用していることがないとか、法律に関連している相談なんてしたことがないと思っている方も、遺言書作成だけは相談した方がいいでしょう。内容によっては、将来的なトラブルが起こりやすいとされているので、トラブルを解決するためにも相談しておくのです。

遺言書作成に関連しているサービスは多くあり、話をしておけば解決する内容は多いです。困っているなら話を聞いてもらったり、手伝ってもらうなどの方法を取りたいものです。その力を持っている人は限定されているものの、弁護士などに話を持っていくことでチャンスはあります。

遺言書作成のトラブルは

遺言書作成によって起きているトラブルについては、しっかりと相談してください。相談していく内容によって、行いやすいことがわかってくる場合もありますから、期待している内容以上に多くの部分を得られるようになるでしょう。

トラブルが起きている時に、何も対応してくれないようなところ、もしくは相談できない環境を作らないようにしてください。早く相談することも重要になっていますので、トラブルが起きている場合には積極的に話をしてください。後は話をされている内容をベースにして、間違っているところなどを指摘してもらいつつ、直しておきましょう。

遺言書作成は相談体制を充実

相談してから記述できるような状況を作るなどして、安心して行えるようにしていることが重要になります。遺言書作成は、相談に応じてくれる団体が非常に多くなっていますので、そういった人たちに協力を依頼しながら、遺言書を完成させていくのです。

時間がかかったとしても、良いと思えるような内容に仕上げていくのが何よりも大事で、分割しやすいような状況を作り出すことです。書かれている内容に問題が出てしまうと、かなりのトラブルが起きてしまいます。迷惑をかけないようにするためにも、遺言書作成は相談しながら書ける方針が望ましいです。

遺言書作成の際に気をつけたい遺留分

ライフスタイルが多様化している現代において、遺言書作成をおこなうような人も増えているようです。遺言書を作成するにあたっては、方式や書き方など決められていることを守りながら記載していくことが求められています。

他にも内容が分かりにくかったり、遺留分が考慮されていないようであれば、遺言書が白紙になってしまうような可能性すらあります。遺言書が無効になってしまえば、なかったことになってしまいますので、そのようなことがないように注意深く準備することが必要になるでしょう。さまざまなところで遺言書の作成のサポートをしてくださいますので、相談しながら作成することをお勧めします。

遺言書作成を無効にすることができるのか?

遺産相続において遺言書作成が済んでいれば、その作成された遺言書が何よりも最優先されます。しかし一つだけ遺言書ではなく残された人たちの意見の方が強い制度があり、それは遺留分と呼ばれます。

こちらがどういった制度なのかと言いますと、例えば相続権利のある人に何も相続がなく、全く関係がない人に全ての遺産が渡るような場合に、相続権利がありかつ遺留分制度を使用できる立場の人が自分の本来もらえる分請求することができるというものです。この権利を持っているのが故人から見て両親、子供、両親にあたる人になります。兄弟は権利を持っていませんので注意してください。

遺言書作成と依頼費用について

遺言書作成をプロに任せるとなると一体どれくらいの費用がかかってくるものなのでしょうか?全てお任せした場合の金額が知りたくないですか?もし自信がないままに作成して、実はルールが守られていなかったのでその遺言書は無効だったという結果になってしまったら悲しいですよね。

いくらくらいかかるのかは相続として残す金額に対してパーセンテージで出てきますので一概にこの価格が平均!というのが少し難しいのですが、おおよそ15万円から20万円と言われています。分割払いなども相談に乗ってくれますので自分ができる支払いで費用を補うことができます。

遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺言書作成関連

メニュー

TOP 債務整理 過払い請求 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 遺言書作成 相続手続き

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚