人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

交通事故相談の慰謝料としての休業損害とは

交通事故相談の慰謝料としての休業損害とは、交通事故などで傷害により仕事を休職せざるえないことがあった場合の所得の補償です。本来の所得補償ですので、休職中に会社から100%の給与支給がなされているときには、所得損失がないので補償は必要ないです。

但し100%補償する会社はほぼ存在しないので、一般的に出勤したときの相当の給与分を補償します。つまりは会社より一部の給与が拠出されているときには、一日の日当から会社拠出分を差し引いた金額が補償部分となります。

なお交通事故が通勤途上などで労災と認定された場合には、労災給付との併給調整はあります。

交通事故相談は速やかに弁護士にしてください

速やかに弁護士へ交通事故相談を行うようにしましょう。交通事故の発生を絶対防ぐことができないので、遭遇したときにどうすれば良いのかパニックになる方が多いです。そのような状況を狙い、保険会社が連絡をしてきて、慰謝料の提示や、示談交渉を行います。

保険会社の言う通りにしていると、車の修理費が出ない、医療費が保障されないなどの、トラブルに発展することがあります。弁護士に交通事故相談をすることで、適正価格などを計算し、相手と交渉を行うので、保証を受けることが出来るようにしてもらえます。速やかに弁護士に相談をする事が重要です。

交通事故相談って誰にすればいいの?

交通事故に遭ってしまった場合には様々な手続きをしなければなりません。病院での手続き、もし入院するようなことがあれば入院手続きもそうですし、保険会社とのやり取りもでてきます。

しかしこういったやり取りは人生の中で何回も行うようなものではありませんので初めてのことばかりでどのようにして進めていけばいいのか迷ってしまうのですよね。そこでもしわからないことが出てきた時には地域の交通事故相談所などに足を運んでみませんか?こういった所は無料で話を聞いてくれるような所も多いので、安心してひとまず話をしに行くことができます。

交通事故相談を弁護士に行う

思ってもいなかった交通事故に巻き込まれてしまった場合において、何らかの被害にあってしまう可能性は高いことがあげられます。そうしたなかで発生した被害について、加害者側と交通事故慰謝料の交渉をおこなうこととなります。

多くの人においては、この際に十分な交渉ができないようです。しっかりと交渉をしたいのであれば、一度弁護士に交通事故相談をおこなってみることで、具体的な対応の方法を知ることができます。また、弁護士に代理で交渉してもらうことで、慰謝料の金額の引き上げもできる可能性がありますので、より良い手段である事は言うまでもないでしょう。

交通事故の相談なら法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階
JR本八幡駅北口より徒歩1分

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室
JR津田沼駅北口徒歩1分

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A
JR千葉駅(中央改札口)東口 徒歩3分

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階
京成成田駅東口より徒歩5分

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
東京メトロ銀座線 日本橋駅より徒歩1分

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
JR鹿島神宮駅から徒歩27分
駅からタクシーをご利用の場合は10分

https://legalplus.jp/

交通事故相談関連

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚