人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

相続手続きする際の確定申告

相続手続きの中には様々な手続きがあり、これまで故人が確定申告していた場合は、1月1日から死亡した日までの納税の申告が必要になります。

これを「準確定申告」といい、相続人が手続きを行わなければなりません。もし相続人が2人以上いる場合は、相続人全員の連署による申告書を提出する必要があります。

通常の申告は、1月1日から12月31日までの所得を翌2月16日から3月15日までに申告しますが、相続人による手続きの場合は、死亡が3月15日以前かそれとも3月15日以降かによって、手続きの内容が異なるので注意が必要です。

相続手続きに向けて

家族が亡くなって相続手続きをしないといけないという時には、気持ちが落ち着かない事が多いと思います。相続手続きに向けて遺言書を見つける必要があります。相続手続きは遺言書があればそれを元にして行いますので非常に重要な存在となります。

とは言っても遺言書はどこに保管しているか分かりませんし、あるかどうかも分かりません。ですので、相続手続きの話合いの前に、遺言書を家族で手分けして探す作業も大事でしょう。

また、無事に相続手続きを行うためにも、発見した遺言書は勝手に開封してはいけませんので注意しましょう。つい開封したくなる事もありますが、まずは封筒を見つける事に専念しましょう。

まとまらない相続手続き

家族みんなが集まって相続手続きをしようとしても、話がまとまらないという事もあるかと思います。やはり不動産の様に分割しにくい遺産も含まれている可能性もあります。もし相続手続きの際の話がまとまらない時には、調停となります。

しかし、それでも相続手続きの決着がつかない事もあります。その場合、裁判所がどうするのかという事を判断する事になります。そうなった場合には、相続手続きにおいて時間もかかりますし、手間もかかる事になります。できるだけ相続手続きは、最初から弁護士に依頼するなどして、話がまとまりやすい様にしましょう。その際には、自分の事ばかりではなくて協調性も大事となるでしょう。

遺留分、遺言書との関係は

日本で生前に遺言書作成をおこなうのは、全体の1割くらいです。この数字は他国と比較すると低く、日本では自分がいつかは亡くなることを受けて準備をしておく人が多くないことを表しています。作成は遺産の多少にかかわらず、後世に残しておきたいメッセージがあれば記載するといいでしょう。

遺留分は、配偶者や家を継ぐ子どもなどの直系卑属が、一定の条件を満たした場合に保障されることもあります。これを知っておけば、相続手続きもスムーズです。疑問があれば、地域の司法書士や弁護士に相談します。相続については、生前に家族で意思を伝え合っておくことで、トラブルを避けられます。

早く相続手続きを行う場合

早期に相続手続きを浣腸させたいと思っているなら、当然そのために必要な方法を採用していくこととなります。生前贈与などの方法によって、早く実施する方法も用意されています。この場合は、分割して相続を行っていくことで、相続税などの対象から外していけます。

特に高額な遺産があると想定されている時に、一括で渡すことになると高額な相続税が発生して、あまり残らない状況となってしまいます。相続手続きには、早くから実施できるものも用意されているので、行える方法をしっかり考えて利用し、最終的な負担を小さくするといいです。

相談したい時の相続手続き

相談したいと思っている時、まずは相続手続きの方法を決めておくことが望ましいです。この方法を使いたいと思っているけど、実際に状況はどのようになっているかと相談していると、わかりやすく回答を得られるのです。

逆に方法がわかっていないまま相談して、色々なものを提示されてしまうと、逆にわかりづらいような印象を受けるかもしれません。相続手続きの場合は、少しでも情報をわかりやすくすることと、方法を固定していることで相談しやすい傾向を出していくことが望ましいです。様々な方法が提示されてしまうと、手続きも悩ましいのです。

相続手続きなら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

相続手続き関連

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚