人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

公正証書遺言出の遺言書作成について

遺言書の作成にはいくつかのルールがありますが、その中には公正証書遺言という物があります。これは、公正役場に行き、公証人に遺言書を作成してもらった遺言書です。

立会人が必要ですが、内容が外部に漏れるおそれがないですし、きちんとした手順を踏むため、有効な遺言書作成を行ってもらうことができるメリットがあります。

遺言書作成は、相続に関する重要な決定をすることとなるため、内容と書式がきちんとしていなくてはなりません。そのため、自筆証書遺言の場合は、それらがきちんとしていない可能性がありますが、公正証書遺言はその恐れが小さいです。

遺留分に注意をしながら遺言書作成をしてください

遺言書は、遺産相続などが発生した場合に、誰に何を相続させるのかを示すことが出来ます。ルールなどがありますが、ルール内で書かれている場合は、遺言書の内容に従って遺産相続をしていきます。基本的には自由に分配することが出来るので、愛人がいる方は愛人にも遺産相続をさせることが出来ます。しかし遺留分という権利がありますので、遺留分を侵害している場合はルール内で遺言書作成をしていても無効になってしまいます。遺留分は故人の続柄によって割合が変わってくるので、注意をしながら遺言書作成をしてください。心配な場合は、弁護士に相談してください。

安全に遺言書作成をおこなう

遺言書作成をするにあたっては、いくつかの方式がありますので、迷うような人も大勢いることでしょう。そのような際には安全性で決めてもいいかも知れませんね。一見手軽に思える自筆証書遺言ですが、記載の間違いが生じたり、書き換えのリスクや保管場所が見つからないようなリスクがあります。また、秘密証書遺言も内容が誰も分からないリスクがあります。一番安全性が高いことでは、公証人が記載することや公証役場での保管が可能な、公正証書遺言での作成をあげることができるでしょう。さまざまな可能性を考えて遺言書作成にあたるようにしましょう。

遺言書作成の情報は漏らさない

作成したことを漏らしてしまうと、他の人が内容を確認するようになります。見られたくないので遺言書として残したのですから、遺言書作成の情報は漏らさないようにしてください。弁護士などの協力を依頼するのは、基本的に作ったことを漏らさないようにして、情報が出てこないようにします。知られたくない情報ですから、少しでも隠してもらえる人にお願いしておくのが大事になります。この方針を取ってもらうことで、最後まで隠し続けることが可能となっていきます。正しい方法を活用できるようになっていれば、安心して行えるようになるでしょう。

遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺言書作成関連

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚