人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

自筆証書遺言という方法の遺言書作成

人はだんだんと老いていくと、ふと死後の相続のことが心配になるものです。たとえたくさんの財産が無くても、残された家族が揉めるケースはたくさんあります。

仲の良かった家族や親族が相続のことであっという間に関係が悪くなることは実際に起こりうることです。そこで、大切な家族のためにトラブルを防ぐには遺言書作成をすることが大切です。

自筆証書遺言であればいつでも気軽に作成でき、数年後内容を変えたいということであればすぐに書き直せます。ただし遺言書として効力を持たせるには正式な書き方が決まっているので、それらに基づいて書く必要があります。

遺言書作成の際に法律家に相談する

最近ではライフスタイルが多様化されるようになっていて、人によっては遺言書作成する人もいるようです。遺言書の作成というと、財産を数多く所有しているような人がおこなうようなイメージがありますが、そうした人に限らず最適な方法として遺言書を作成する人が増えています。遺言書の作成にあたっては、遺言書の方式やルールなどが十分に守られているかが大切になります。万が一守られていないようであれば、遺言の内容は無効になってしまいますので、不安な人においては遺言書を作成するにあたって、法律家に相談するようにしましょう。

遺言書作成なら自分でできる?

遺言書作成は専門家に依頼せずに自分でも作成できるようなものなのでしょうか?実は別に法律に特化している弁護士などでなくても作成することが可能です。また記載する紙なども決まりがないので家にあった便箋などに記載して、遺言書として保管しておけばそれがあなたの遺言書になります。しかし遺言書には当然決まりがあります。万が一その決まりが守られていないような内容ですと、それは無効になり遺言書としての効果がなくなります。そのため、誰の手も借りずに、自分自身で作成したいと考えているのであれば、きちんと本を読んだり、サイトで勉強してから記載した方がいいでしょう。

遺言書作成の原則って知っていますか?

遺言書作成の大原則を知っていますか?まずは共同ではなく一人で作成したものであることです。共同して作成されたものは遺言書として認められません。また本人が生きている間には何度でもその内容は書き直すことができます。自分が亡くなった後、遺言書の通りにことが進むと限らないのですが、1.財産分の指定2.特定者への遺贈3.子の認知4.遺言執行者などのある一定の条件は絞ることができます。また相続関係において一番優先されるものでもありますので、この人にこの財産を譲りたいというのがはっきりしているようでしたら作成しておくことをお勧めします。

遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺言書作成関連

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚