人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

TOP > 交通事故 > 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料をスムーズに進めるために

目次

  1. 交通事故慰謝料をスムーズに進めるために
  2. 交通事故慰謝料の種類と入通院慰謝料について
  3. 交通事故慰謝料を増額させるためのポイント
  4. 交通事故慰謝料が払われる事故と払われない事故との違い
  5. 交通事故慰謝料は弁護士に頼んで安心しよう
  6. 入院が必要な示談金または交通事故の慰謝料に関わる交通事故の相談
  7. 経験豊富な慰謝料と賠償金を扱う交通事故弁護士

交通事故慰謝料をスムーズに進めるために

交通事故では、どちらか一方に全責任があるというケースよりも、お互いに被害者であり加害者でもあるといった事例も多いものです。任意保険に加入している場合、担当者が本人に代わって交通事故慰謝料の交渉を進めます。

客観的な証拠があると交渉もスムーズに進められるので、事故後の現場を写真に撮っておいたり、普段からドライブレコーダーで動画を撮影しておいたりするのが望ましいでしょう。また、任意保険に加入している場合でも、弁護士に交通事故相談することができます。提示された金額に納得がいかない場合や保険ではカバーしきれない部分については、交通事故に関して知識が豊富な専門家を頼ることも選択肢に入れておきましょう。

自動車保険の特約で交通事故弁護士に相談について。

交通事故相談関連

交通事故慰謝料の種類と入通院慰謝料について

交通事故にあった場合に、慰謝料を請求するということをよく聞きますが、交通事故慰謝料は入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類の慰謝料に分かれます。その中でも入通院慰謝料については、交通事故にあった場合にほぼ必ず支払われるため、交通事故慰謝料として一番よく聞く慰謝料です。

この慰謝料について、ネットなどではよく保険会社の算定基準は低めに設定され支払われているといわれますが、膨大な事例が蓄積され、その中から算定基準に基づいて保険会社は支払っているため、判例や裁判例に則しても、保険会社が算定する慰謝料は妥当な額といえます。

交通事故慰謝料を増額させるためのポイント

交通事故に遭ってしまった場合の交通事故慰謝料が支払われるのですが、この慰謝料が少しでも増額されるためのポイントをお伝えしていきたいと思います。まず1つ目は自賠責基準と言う基準に当てはまった際に限度額が120万円なのですが、しっかりと通院を怠らずに治療をしに行く、少しでも痛みや違和感があるときには完治したと保険会社に言わないといったことをすると限度額ギリギリまでもらえる可能性がありますし、そのような事例も存在します。

また、交通事故専門の弁護士に相談をすると基準が格上げされ、さらに限度額が増える可能性があります。まずは、治療をしに病院や接骨院に通院されると言うことが大事です。

交通事故慰謝料が払われる事故と払われない事故との違い

交通事故を受けた場合でも、交通事故慰謝料が支払われる事故と支払われない事故と2種類あります。そのような時に慰謝料が支払われ、どのような時に慰謝料は支払われないのでしょうか?1番大きなポイントは人身事故であったかということです。

人身事故と言う事は人に危害が加わった事故と言う事ですので、特に被害者側の方が怪我をしていなければ人身事故と言う扱いにならない事例もあります。人に危害が加わっておらず、「自転車が壊れた」や「携帯電話が割れてしまった」などといったような形で物損事故と扱われた場合はものに対する弁償を行うと言う形だけで済まされてしまいます。そのような誘導をする保険会社もいますので注意が必要です。

交通事故慰謝料は弁護士に頼んで安心しよう

交通事故に遭ってしまった場合にもらえる 交通事故慰謝料には3つの基準が存在します。自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準です。この3つの中で1番高額の慰謝料がもらえるのが弁護士基準です。

弁護士を依頼したことがない人がほとんどで、依頼することをためらう人も多いですが、交通事故弁護士に依頼したことで慰謝料が大幅にアップした事例は沢山あります。弁護士は依頼料を受け取るので、依頼人の気持ちを真摯に、親身になって聞き、依頼人の心身に受けたダメージを、多額の慰謝料をもらうことで慰めるため、全力を尽くしてくれます。事故に遭い、自分1人で対応する限界を感じている人は、気軽に弁護士に相談してみましょう。

入院が必要な示談金または交通事故の慰謝料に関わる交通事故の相談

入院を伴う怪我を負った人が示談金または交通事故の慰謝料に関わる交通事故の相談を受ける事もあります。入院が必要となれば、怪我の程度が重症である事が予想されますので、示談金または交通事故の慰謝料に関わる交通事故の相談を受けるのが好ましいでしょう。

示談金または交通事故の慰謝料に関わる交通事故の相談を受けると、弁護士が自分の代わりに対応してくれますので、ストレスを溜める必要はありません。

示談金または交通事故の慰謝料に関わる交通事故の相談で負担が軽くなれば、怪我を完治させる事に集中できます。入院中に示談金または交通事故の慰謝料に関わる交通事故の相談を受ける事もできます。

経験豊富な慰謝料と賠償金を扱う交通事故弁護士

国内を探すと、慰謝料と賠償金を扱う交通事故弁護士はたくさんいます。慰謝料と賠償金を扱う交通事故弁護士は、実力があるという事が求められます。相談者が慰謝料と賠償金を扱う交通事故弁護士を選ぶ際には、見ただけで実力があるかどうかという事は分かりません。

そこで、慰謝料と賠償金を扱う交通事故弁護士の経験であれば、確認する事ができ、法律家選びの際に参考にできます。経験豊富な慰謝料と賠償金を扱う交通事故弁護士が選ばれる傾向にあります。

経験については、解決済みの案件数やもしくは法律家として活躍する様になってからの年数などが紹介されている事もあり、数値であれば比較しやすいでしょう。

交通事故慰謝料の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

メニュー

TOP 債務整理 過払い請求 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 遺言書作成 相続手続き

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚